光を使った処置

女性

エステサロンの大半が採用するIPLとは

様々な鉄道路線が乗り入れる梅田駅はターミナルの役割を担い、大阪キタの中心街となっています。そのような梅田には、数多くの脱毛エステサロンが営業しています。梅田で働いている人が仕事帰りに立ち寄ったり、休日などを利用して梅田の脱毛エステサロンに通ったりすることが多いです。ところで梅田にある脱毛エステサロンの中でも、良く用いられているのがIPL脱毛と呼ばれる方法です。IPLとは「Intense Pulsed Light」の略称です。広帯域の光エネルギーを用いることで、根にダメージを与えています。エステサロンの大半は、この方法を用いるといわれていて、最も一般的な処置方法です。IPLでは光の吸収を促しやすい状態にするために、専用のジェルを塗布してから光を当てます。処置中に軽い痛みを感じることがあります。IPLが有効なのは成長期の毛のみであるため、毛周期に合わせて処置することが大きなポイントです。毛周期は数か月ごとにサイクルがあるため、2〜3カ月ごとに処置を行うと効果的といわれています。しかしツルツルの肌になるためには、12〜18回ほど処置を行うことが必要です。つまり、しっかり効果を出すためには、最低でも2年間はサロンに通い続けることになります。しかし、医療レーザー脱毛などと比較しても痛みは少なく、体への負担は最小限に抑えられます。さらには美肌も期待できるので、効果が実感しやすい処置異方法です。長く通い続ける必要があるため、梅田のような交通アクセスが良い場所がおすすめです。

Copyright© 2019 ムダ毛のない女性になるため秋口から通うことになる脱毛エステ All Rights Reserved.